若返り・アンチエイジングなら藤沢美容外科クリニックにお任せください!

藤沢美容外科クリニック

  • 藤沢美容外科クリニックのフリーダイヤル 藤沢美容外科クリニックのフリーダイヤル 0120-5691-25
  • 受付:10:00~19:00
    土日・祝日対応

ほくろ・イボ除去

ほくろ治療について

ほくろは、皮膚の一部にメラノサイトという細胞が集結してできた皮膚病変のことを言い、皮膚の良性の腫瘍のことです。腫瘍は小さくなることも無くなることもなく、紫外線の影響や掻いたりするような刺激で少しずつ大きくなっていきます。ほくろのもとである母斑細胞を完全に取りきることが、これ以上大きくしない早期の対策です。特に顔のほくろはできるだけ傷を残さないために必要最小限の範囲だけを除去することが重要です。

当院の考えと治療法

  • ほくろの治療法には様々なものがあります。

      
    凍結療法 ほくろを冷やして除去する治療

    綿棒にマイナス196℃の液体窒素を浸して、綿棒をほくろに当てて凍結する治療法です。現在では、古い治療法であり、多くのデメリットがあります。

    × 1回の治療で取れず、何回も通院する場合が多い

    × キレイに取れず、ガタガタになる場合が多い

    × 取っても、ほくろが残存しているため、再発する場合が多い

    × ほくろの周囲が、色素沈着してシミになる場合が多い

  •   
    切除縫合法 メスで切開して除去する方法

    ほくろのある皮膚すべてをメスで切除して、縫合する治療法です。切開する形は紡錘形になるため、ほくろよりも大きく切開することになります。メリットは再発しない点ですが、悪性のほくろではない限りする必要はないと考えます。

    ×ほくろの大きさ以上の線状の傷跡が残る。

    ×顔であれば美容的な問題が大きく、表情にひきつれが生じる場合がある

    ×残った線状の傷跡は、一生自然治癒することがない。

  •   
    炭酸ガスレーザー レーザーで除去する方法

    水分に反応するレーザーで、ほくろ照射して蒸発させて除去する治療法です。1㎜以下のほくろには良いですが、それ以上大きくなると、深部がガタガタになる場合があります。

    最小限の傷跡で、ほくろを除去することができる

    大部分のほくろを除去できるが、再発する可能性を否定できない

    色素に反応するレーザーではないので、多少の色素が残る可能性がある

      
  •   
  •   
    電気分解法

    当院で行っている治療法です。電気を熱に変えて、ほくろを蒸散させて除去する方法です。電気メスと言うと、メスの形を想像しますが、実際はほくろの大きさに応じて、いろいろな形に先端を変えることができます。

    炭酸ガスレーザーに比べて曲線的にキレイにほくろを除去することが可能です。

  • Qスイッチルビーレーザー

    当院で行っている治療法です。炭酸ガスレーザーや電気分解法では、色素を完全に除去できない可能性があるため、仕上げとして、当院のQスイッチルビーレーザーで色素を取り除きます。

  •   
    電気分解法

    高周波を利用した弱い電気エネルギーでほくろ・イボを焼却して除去する治療法です。隆起しているほくろやイボも短時間で出血もほとんどなく除去できます。

      
  • Qスイッチルビーレーザ

    皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊することに優れているレーザー治療機器です。傷跡を残さずメラニン色素のみを安全に治療しますので、周囲の正常な皮膚を傷つけることがありません。反応したメラニン色素は徐々に分解・吸収されていきます。

このような方へおススメです!

  • ほくろが気になる方

    メイクで隠せない大きなほくろが目立つという方、年々ほくろが増えてきたという方。当院では大小問わず、ほくろ・イボの治療が可能です。また、ご希望が病理検査に出すことも可能です。

  • ほくろを取りたいけど痛みが心配な方

    当院では電気分解法行う場合、必ず局所麻酔を使用します。麻酔の注射をする際にチクっとした痛みはありますが、治療中の痛みはありません。痛みが心配な方には、麻酔クリームや笑気麻酔、極細針もご用意しております。

  • 時間がかからない治療を選び方

    治療時間は約10~30分です。一度の来院でカウンセリングから治療まで行うことも可能です。ご自宅でアフタケアー必要ですが、何度も通院する必要はないのでお忙しい方にもおすすです。

  • 傷跡を残したくない方

    年齢とともに目周りの筋肉が緩むと、下まぶたのふくらみが目立つようになり、老け顔の原因になります。サーマクールアイは皮膚の深い層まで熱が届くので肌の土台からたるみを改善することができます。

施術の流れ

  • 院長とカウンセリング

    まずは院長がカウンセリングを行います。ほくろ・イボの状況によっては、他の治療法をおすすめする場合もありますが、症例写真を見ながらご質問やご不安を何でもご相談ください。

  • 洗顔

    ほくろ・イボの治療部位によって洗顔をしていただくことがあります。洗顔フォームや拭き取りシートはご用意がありますので、ご利用ください。

  • 背部または腹部に対極板を当てます。

    無駄な電気が体に流れるのを防ぐためのものです。背部か腹部の肌に直接触れるように当てていきます。

  • 消毒・局所麻酔

    治療するほくろ・イボとその周囲を広めに消毒し、局所麻酔をします。痛みや内出血が心配な方は極細の針をご用意しております。また、さらに痛みを和らげるために笑気麻酔や麻酔クリームを使用することで可能です。

  • 電気分解

    麻酔が効いたことを確認し、電気メスを使用しほくろ・イボを丁寧に除去していきます。除去する際に、こげたような臭いがしますが正常な反応ですのでご安心ください。

  • Qスイッチルビーレーザー

    電気分解法である程度までほくろ・イボを除去した後に、黒に反応するレーザーでさらに色素を除去します。レーザーを照射する際は、局所麻酔が効いていますので、痛みはありません。

  • 治療部位の保護(処置)

    血が出ていないことを確認後、消毒し処置を行っていきます。傷跡を残さないために、治療した部位より大きめのキズパワーパッドを貼ります。

  • アフターケア

    キズパワーパッドは2週間程度貼ってください。ご自宅でのケアの方法をお伝えします。通常2週間後に検診のためにご来院頂いております。(写真は治療後1週間です。)

ほくろ・イボ除去の症例写真

  • 口元のほくろ

    50代 男性

    Before
    After

    電気分解法Qスイッチルビーレーザー

施術の詳細

施術時間 約10分~30分(範囲や数によって異なります)
痛み 局所麻酔をする際に、チクっとした注射の痛みはありますが治療中の痛みはありません。使用する針も採血などで使用する針より細かいので痛みは少ないです。さらに極細の針を使用することも可能です。
赤み・腫れ 一時的に軽度の赤みや腫れはあるかもしれませんが、基本的にはありません。
治療回数 治療は通常一回で完了します。万が一、6ヶ月以内に再発した場合は半額で再治療致します。
入浴
運動
マッサージ
当日は血行がよくなることで出血が生じる場合がありますので、熱いお風呂やサウナ、激しい運動はお控えください。

※上記は目安になります。

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方、授乳中の方または妊娠の疑いのある方
  • 治療部位に金属製のプレートを埋め込んでいる方
  • フェザーリフト、アプトス、金の糸で治療された方
  • 心臓疾患のある方
  • 心臓ペースメーカーを使用中の方
  • 治療部位に感染症の皮膚疾患がある方

PAGE TOP