タトゥー除去で刺青消す

  • 藤沢美容クリニックのフリーダイヤル 0120-569-125
  • 受付:9:00~18:00
    土日・祝日対応

レーザーによる治療

「刺青除去」

最新機種

ピコレーザー

「 刺青除去 」

ピコレーザーの施術動画

タトゥー除去をしたい理由

タトゥーを入れている方の半数近くが後悔していると言われています。消したくなるきっかけは就職や結婚・出産などライフスタイルの変化が多いです。デザインが気に入らなくなったという方や、皮膚が老化して格好良く見えなくなったという方もいらっしゃいます。また、ご本人からだけでなくご家族からのご相談もあります。

仕事上で問題になった

タトゥーがあると就職が困難になったり、従事できない仕事があったりと不自由な思いをすることがあります。ファッションのつもりでも、不真面目に見えるとか怖い印象を受けるといった誤解も多いのが現状です。

元恋人の名前を消したい

元恋人の名前やイニシャルがあることで気まずい思いをする方が多いです。名前が入っているわけではなくても、相手の親に会うときに見られると困るという理由で除去に来られる方も多くいらっしゃいます。

プールや温泉に行けない

タトゥーがはいっていることにより皮膚が弱く最近感染しやすいため、不特定多数の方が利用するプールや温泉では、ほとんどの施設が利用できません。最近は海水浴場でも入場できないことがあるようです。

お子様のため

親同士のおつきあい上で見られると困る、お子様が何か言われるのではないかと心配になるというきっかけで除去を考える方も多いです。またお子様を連れてプールなどに行けないことでも不便に感じるようです。

生命保険に入れない

感染症のリスクが高いことや、反社会勢力との関係の可能性を理由に加入できない・もしくは保険料が上がるというデメリットがあります。

タトゥー除去の方法について

当院では3種類の除去方法がございます。大きさ・位置・患者様のご希望やご予算に合わせて最適な治療方法を選択していきます。場合によっては2種類以上の方法を組み合わせたコンビネーション治療を行う事もございます。

切開法

急いで除去したい・確実に1回で取りたい方におすすめです。切開の傷跡は残りますが、タトゥーがあったことは分からなくなります。救急や形成外科の経験がある院長がタトゥーの形や場所に合わせて皮膚を切開し細かく縫合いたします。

電気分解法

電気メスを使用し、少しずつ皮膚を削っていく方法です。削りすぎると皮膚の回復が難しくなってしまうため、色素が深い場合はある程度削った後に残っている色素にレーザーを当てるコンビネーション治療を行うこともございます。

レーザー法

色素に反応するレーザーで、少しずつ薄くしていく方法です。回数はかかりますが、皮膚へのダメージが少なく済みます。日常生活への負担も少ないので、体を動かすお仕事の方や、育児中で抱っこをしなければならない方などにおススメです。

タトゥー除去のレーザーはいくつか種類があります。当院では、県内で初導入となる世界最新の「ディスカバリーピコ」を導入しております。1回の治療で、従来のレーザーの3回分相当の結果が出ますので、短期間で治療できるようになりました。

ピコレーザーについて

従来のQスイッチルビーは、ナノ秒(10億分の1秒)で照射していましたが、次世代型ピコレーザーは、更に短いピコ秒(1兆分の1秒)で照射される世界初の医療用レーザーです。

肌に優しく高い効果

短い時間で照射すると、肌へのダメージが少ないため、その分従来よりも高い出力で照射できるので、より高い効果を発揮できます。そして、1回でも今まで以上に細かくメラニンを砕くことができます。

色素の消失が早い

細かく砕かれたシミは、マクロファージ(お掃除細胞)によって貪食され、リンパ管を通してなくなります。ピコレーザーで砕かれたシミは、今までのレーザーより粒子がかなり細かくなるので、吸収がスムーズに行われ、すばやく色素が消えていきます。

フルカラー対応

黄色や青などのカラータトゥーは、従来のレーザーでは反応しないためメスを使うしかなかったですが、ピコレーザーなら全色対応できますので、カラーで治療を諦めていた方も除去できるようになりました。

このような方へおススメです!

  • 負担の少ない治療がいい

    2週間のテープ保護は必要ですが、動かすことに不自由はありません。体を動かすお仕事の方や、育児中で抱っこの必要がある方なども日常生活が問題なく行えます。

  • 休みがあまり取れない

    切開の場合は直後皮膚の引きつれを感じるため、施術箇所が動かしにくいことがあります。レーザー法なら、テープで保護さえしていれば、すぐに日常生活が行えますのでお休みを取らなくても問題ありません。

  • 傷跡を残したくない

    照射後、皮膚が回復するまで1~2か月程度は火傷跡のような赤みが残ることがありますが、徐々に軽快していきます

  • 手術をするのは怖い

    レーザー法は周辺の皮膚へのダメージが少なく治療ができます。切開したり縫ったりすることに比べて負担が少なく1回の施術時間も短く済みます。

施術の流れ

お肌の状態に合わせて治療を行います。

  • 院長とカウンセリング

    まずは院長がカウンセリングを行います。症例写真をご覧いただきながら、患者様に最適な治療方法をご提案させていただきます。

  • 写真撮影

    治療の経過が分かるように写真を撮らせて頂きます。ホームページ等に掲載するのはモニター契約を結んだ患者様のみですので、ご安心ください。

  • 麻酔

    局所麻酔・または麻酔クリームを使用します。サイズの小さいものや薄いものは、冷却だけで痛みが軽減でき、麻酔を使わなくて済む場合もございます。

  • レーザー照射

    治療の経過、色素や濃さに合わせて最適な出力を設定し、照射します。

  • 冷却

    熱感を軽減させるため、照射部分を冷やします。

  • 処置

    軟膏を塗布し、テープまたはガーゼで保護します。ご自宅でも同様の処置をしていただく必要がございますので、処置方法をご説明いたします。

施術の詳細

施術時間 5cm×5cmで30分程度
痛み 輪ゴムで強く弾いたような痛みがあります。1~2cmくらいのものであれば、照射直前に冷やすことで麻酔を使用せず施術ができる方が多いですが、局所麻酔を使用すると照射の痛みは全くありません。
赤み・腫れ 色素のあった部分の皮膚が火傷のように赤みが出ます。皮膚を回復させるため、ご自宅で消毒液・軟膏で処置をしていただきます。赤み部分が数日間膨らみます。つぶさないように保護してください。
治療回数 色の種類や色素量により異なります。
来院ペース 1か月に1度の施術が可能となっております。
入浴
運動
マッサージ
当日はお控えください(テープ保護をしてシャワーは可能です)当日は激しい運動やホットヨガなど加温するものはお控えください。

※上記は目安になります。

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方、授乳中の方または妊娠の疑いのある方
  • 施術部位に金の糸が入っていたり、金属プレートを埋め込んでいる方
  • 治療部位に感染性の皮膚疾患がある方
  • ペースメーカーや埋め込み式除細動器を使用している方
  • 心臓疾患のある方

よくある質問